「クレジットカード審査が甘い」で検索したあなたへ。 >> クレジットカードの審査で使われる「異動」ってどういう意味ですか?

クレジットカードの審査で使われる「異動」ってどういう意味ですか?

クレジットカードなどの支払いは滞りますと、個人の信用情報にキズが付いてしまいます。各金融機関はこの信用情報をそれぞれの審査の参考にします。ですので、将来住宅ローンや車のローンなどを組む時の審査のマイナス要素になる場合があります。

信用情報機関はいくつかありますが、どの信用情報センターの顧客データでもだいたい直近2年間の入金情報が記録されます。たとえばクレジット会社系が審査の参考にする信用情報機関であるCICの場合、もし未納がありますとその月には「A」の記号が入ります。そしてこれが3か月続きますと「異動」と記入されることになります。この場合の「異動」とは「通常とは異なっている動き」との意味になります。

いったん「異動」になりますと、たとえクレジットカードなどを完済しても5年間は記録が残ってしまいます。この結果よくいわれるブラックリストに載った状態になるのです。クレジットカードでの買い物だけではなく、公共料金をクレジットカード払いにしている時やキャッシングの時にも同様です。銀行口座が残高不足ですと滞納扱いになってしまいます。

特に、引っ越しなどの場合、きちんとカード会社などに連絡することを怠ってしまいますと、この滞納を知らせる連絡が届かない場合があります。その結果、放置され「異動」になってしまうことも多いです。ですので、クレジットカードなどは必要な分だけを絞って持ち、きちんと管理することが非常に大切です。

メニュー

リンク集