「クレジットカード審査が甘い」で検索したあなたへ。 >> クレジットカードの審査にアリバイ会社での在籍確認は通用するのか

クレジットカードの審査にアリバイ会社での在籍確認は通用するのか

クレジットカードに限らず、キャッシングやローンの利用にあたっては所定の申し込みの手続きを行い、業者による審査に通過することが必要です。この審査ではさまざまな項目について詳しくチェックされることになりますが、審査の一番最初の段階でチェックされるのが身元の確認です。

クレジットカードやキャッシングなどの利用申込書には住所や電話番号などを記入する欄がありますが、そこに記載された内容をもとに本当に実在する人物であるのかを審査で確認することになるのです。もちろん、その際には身分証明書を提出することになりますが、融資を行う際にはそれだけでは身元確認は十分ではありません。提出した身分証明書が偽造であったり、なりすましの恐れがあるからです。

そのため、クレジットカードやキャッシングなどの審査では、申し込み用紙に記載されている勤め先へ電話をかけて、申し込み用紙に記載されている人物が実際にその職場で働いているのかが確認されます。この電話のことを在籍確認といいます。在籍確認の電話は信販会社や消費者金融の名前で掛かってくるわけではないので職場の人にバレる心配はありません。その職場へ勤務している実態が確認できればいいので時間もとられることはありません。

在籍確認は特に恐ろしいものではありませんが、クレジットカードやキャッシングを申し込む人の中には実際にはどこにも勤めていないにもかかわらず、アリバイ会社を利用して働いているといった虚偽の事実を作る人も少なからずいます。確かにアリバイ会社を利用すれば職場へ勤務している架空の事実を作り出すことができます。場合によってはそのまま審査に通過することもできることでしょう。

しかし、アリバイ会社を利用して架空の事実を作り出すことは虚偽の内容を申告することになり、場合によっては法律に反してしまうこともあるので注意が必要です。

メニュー

リンク集