「クレジットカード審査が甘い」で検索したあなたへ。 >> 携帯料金の滞納がクレジットカードの審査に影響する理由とは

携帯料金の滞納がクレジットカードの審査に影響する理由とは

クレジットカードでショッピングをして約束通りに支払わなかったり、あるいは銀行や消費者金融から借り入れをしてきちんと返済をしなかったりすると、その後にクレジットカードを新たに作るときに影響することがあります。このようなことがあれば、審査に落ちることは容易に分かるでしょう。しかし、それだけではなくて、携帯料金の滞納も影響することがあるのです。誰でも利用できるキャッシング、というわけではないのです。

携帯料金と審査とはあまり関係ないように感じる人もいるでしょうが、最近では携帯電話の本体を分割で支払う事が多いですから、これが影響しています。分割で支払っていて、そして携帯電話の料金を支払わなかった場合には、料金に対して未払いとして扱われるとともに、分割払いに対して未払いとして扱われることになります。

分割払いのサービスを提供しているのは信販会社です。信販会社が携帯電話会社と協力して分割払いのサービスを提供しているのですから、もしも滞納となると、携帯電話会社だけではなくて、信販会社もその情報を知ることになります。その結果、信用情報機関に登録されるのです。いわゆるブラックになると考えられます。

ブラックになると新たにクレジットカードを作ろうと思って申し込みをしたとしても、審査の段階で落とされます。このような仕組みで携帯料金の滞納が影響しているのです。将来的にローンを組もうと思っても組むことができなくなることもありますから、携帯電話の料金の滞納には気をつけましょう。

メニュー

リンク集