「クレジットカード審査が甘い」で検索したあなたへ。 >> クレジットカードの審査を受けたいけど運転免許証や保険証がない場合の対処法

クレジットカードの審査を受けたいけど運転免許証や保険証がない場合の対処法

クレジットカードの審査で運転免許証や健康保険証が無ければ、住民票の写しが必要です。しかし、住民票の写しをコピーを請求するためには本人確認書類が必要です。

住基カードを取得しましょう。種類は2種類あり、顔写真付きのカードは身分証明証に使用できます。住基カードでクレジットカードの申し込みが難しい場合は、住基カードから住民票の写しを取得できます。

住基カードは、提出出来る書類の幅が広い事が多く、他の身分証明証と比べ、取得しやすいです。運転免許証、保険証、パスポート以外の複数の書類と、郵送による本人照会に対応できるケースが多いです。複数の書類とは、市区町村長が適当と認める書類です。提出する書類は市区町村によって異なるので、事前に確認しておきましょう。

書類が数種類に区分けされている場合、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳、運転経歴証明書、海技免状、電気工事士免状、宅地建物取引主任者証、船員手帳、敬老手帳、生活保護受給者証、などから複数を組み合わせて提出します。世間一般で本人確認書類として使われる書類ほど少数の提出で済み、住基カードの発行も早いです。

申請は、住民基本台帳カード交付申請書、写真、複数の書類、市区町村に支払う手数料平均300円から500円です。提出する場所は近くの役所で、交付申請書は役所で取得できます。

クレジットカードの審査で提出する本人確認書類が無い時は住基カードです。多少手続きが面倒かもしれませんが、クレジットカードの審査には本人確認書類必須ですので、どうしても本人確認書類が無い時は取得を検討してください。

メニュー

リンク集